FC2ブログ
プチ断食をするとどういう変化が起こるのでしょうか?

腸とか内臓の機能が弱まると、血中に消化できないものが入り込んでしまい血液がドロドロになってしまいます。そういう状態になると自然治癒力というものが低下してしまう可能性がありますので、病気になりやすくなったり太りやすくなったりという体質になってしまう場合があります。これをプチ断食を行って解消させようということなのですが、プチ断食を成功させるためには、腸内の酵素を増やすようにする、腸内にある宿便を排出する、腸内環境を整える必要があります。

血液がドロドロになる理由としては、食べ物を食べ過ぎたり脂っこいものばかり食べたりすると、小腸で食べ物を消化・分解するのに、細かく分解しきれなかったりして血中に不純物として残り、血液をドロドロにしてしまうということです。血液というのは本来、サラサラの状態であり、不純物を血液の力で体外に排出するという力を持っていますが、血液がドロドロだとその力が減少してしまいます。

では、この消化・分解というのはいったいどういうことかと言うと、腸内にある無数の酵素が食べ物を消化分解し血液をサラサラにしてくれるということになりますが、その結果血行不良がなくなり、冷え性や肩こりも起こらないといわれています。しかし、酵素の力が衰えると正常に機能しなくなってくるために、消化・分解できなくなるので体調不良を引き起こすということになります。

これはプチ断食を行うことにより解消できるという可能性があります。
スポンサーサイト




05/07|プチ断食||TOP↑
リンク
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム