FC2ブログ
プチ断食というのは、言葉としては聞くけれどもいったいどういう効果があるのでしょうか?そのおすすめポイントをちょっとご紹介してみたいと思います。

近年の生活環境においてストレス過多や栄養のバランスが偏った食生活をしているために、人間本来の自然治癒力というのが低下している可能性があり、その結果病気をしてしまう場合があります。

そこで、プチ断食をおすすめしたいのですが、プチ断食というと一般的にはダイエットの方法として考えられることが多いとは思うのですが、体にとっていいという意味でのプチダイエットの効果としては内臓の状態を休め、回復させ、結果、健康に持っていくということを目的とした断食方法です。このプチ断食というのは無理をせずにできるし、自分の生活のペースを乱すことなく出来ると思いますので、無理なく実践していくようにすることをおすすめします。

体が弱っているときというのは食べ物をあまり食べたくないですよね。そういうときって体も胃腸も弱っているので無理に食べ物を入れてしまうと消化不良になってしまい逆に体によくありません。そういうときって脳が食べてはいけません。胃腸を休めなさいというように指令を出しているからかもしれませんね。
でも、胃腸を休めることによって体調も回復してくるのでいいことだとは思います。

これを利用してプチ断食をして内臓をリセット・回復させ、正常に胃腸を動かすようにしましょう。ということでプチ断食をおすすめします。

スポンサーサイト



05/08|プチ断食||TOP↑
プチ断食をするとどういう変化が起こるのでしょうか?

腸とか内臓の機能が弱まると、血中に消化できないものが入り込んでしまい血液がドロドロになってしまいます。そういう状態になると自然治癒力というものが低下してしまう可能性がありますので、病気になりやすくなったり太りやすくなったりという体質になってしまう場合があります。これをプチ断食を行って解消させようということなのですが、プチ断食を成功させるためには、腸内の酵素を増やすようにする、腸内にある宿便を排出する、腸内環境を整える必要があります。

血液がドロドロになる理由としては、食べ物を食べ過ぎたり脂っこいものばかり食べたりすると、小腸で食べ物を消化・分解するのに、細かく分解しきれなかったりして血中に不純物として残り、血液をドロドロにしてしまうということです。血液というのは本来、サラサラの状態であり、不純物を血液の力で体外に排出するという力を持っていますが、血液がドロドロだとその力が減少してしまいます。

では、この消化・分解というのはいったいどういうことかと言うと、腸内にある無数の酵素が食べ物を消化分解し血液をサラサラにしてくれるということになりますが、その結果血行不良がなくなり、冷え性や肩こりも起こらないといわれています。しかし、酵素の力が衰えると正常に機能しなくなってくるために、消化・分解できなくなるので体調不良を引き起こすということになります。

これはプチ断食を行うことにより解消できるという可能性があります。

05/07|プチ断食||TOP↑
プチ断食をしてダイエットをしようと思っている方は、まず朝食を食べないようにします。しかし、朝食の代わりに酵素を摂取するようにしましょう。酵素を摂取することで腸内のバランスを整えることが出来ますので決して朝食を抜くだけということはしないようにしましょう。

酵素を摂取すると腸内の酵素量が増えるので腸内の食物を消化してくれる力が増えることになり、きれいになります。さらにプチ断食によって腸内に食べ物が入らないことで更に酵素の力が増すことになります。

また、ダイエットには洋食より和食の方が適しているようで、和食が今注目を浴びているようです。ではなぜ和食がダイエットに適しているかと言う一番の理由は脂肪分が少ないと言うことです。脂肪と炭水化物を比べてみると同じ量を摂取しても炭水化物には脂肪が含まれていないし低カロリーなのです。ご飯とパンを比べても炭水化物と炭水化物+バター+マーガリンなど脂肪分がパンの方が多いと言うことが分かります。このように洋食より和食の方がダイエットに適していると言うことが分かると思います。

次に和食がダイエットに適している理由としては食物繊維が多く含まれているからです。ダイエットにあってはならないのが便秘で、便秘になると毒素が体外に排出されないために代謝が悪くなるからです。この便秘に一役買うのが食物繊維です。

プチ断食の回復の時に和食を組み合わせることによりきれいにダイエットすることが可能になります。体もよくなりダイエットも成功すると本当に嬉しいですよね。

05/06|プチ断食||TOP↑
プチ断食のオーソドックスなやり方としては「断食の前準備」「断食」「断食からの回復」を各1日ずつ行い計3日かけて行います。
土日休みの人なら週末の金・土・日の3日間でやるのが生活リズムを崩さずに済むのでいいのではないでしょうか。

まず「断食の前準備」についてですが断食を本格的に行う前に体を慣らす目的で行うものです。やり方としては朝食を通常どおり取り、昼食は通常の7?8割位の量として、夕食は通常の半分位の量を取ります。急に食べ物を取らなくなると胃にも負担をかけることになりますので、胃を慣らすためにも徐々に減らしていくやり方をします。

注意しなければならないのは夕食を就寝の3時間前には済ませておき、アルコールは断食中は控えるようにしましょう。

次に本番の「断食」ですが、この日は食べ物を一切とらないようにします。しかし何も口にしないと脱水症状を起こす危険性がありますので水分は通常より多目にとるようにしましょう。

最後に「断食からの回復」ですが、30時間は最低何も食べていない状態で迎えるのがこの日の朝食ですので胃腸に急激な負担をかけないようにお粥など消化がいいものを少量いただくようにしましょう。その後は昼食を通常より少な目の量を、夕食は通常より少な目か普通の量を取るようにしましょう。

この回復の日がプチ断食では一番重要になります。お腹が空いているからと暴飲暴食になりがちですが、ここでやってしまっては断食をしたこと自体無駄になりますので注意しましょう。

05/06|プチ断食||TOP↑
プチ断食によるダイエットと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?ブログやネットで調べてみると色々良いことも悪いことも書いてありますが、あまり多用することはおすすめしない方法です。

プチ断食は文字通り短期間ご飯を食べないと言うような方法ですが、最初のうちはもちろん効果があり痩せては行くと思いますが、そのうち体が慣れてきて痩せなくなってくると思います。
その人の性格にもよると思いますが、プチ断食をすることにのめり込みすぎて逆にリバウンドが来てしまったり、生理が来なくなってしまったり、抜け毛が増えるようになってきたりするなど危険な状態になる可能性がでてきます。自己流で断食をすると言うことはとても危険だと言うことが分かると思います。安易に行ってはだめです。

私達がイメージする断食や減量の中ではプロのボクサーがよく減量をしたりしますが、ただ食事を抜いている訳ではなくプロの栄養士さんなどがちゃんとついている状態でやっているのであまり危険がなく彼らは減量に成功します。私達には栄養士がついているわけではありませんので、やるのならばそういう栄養面などをしっかり管理しているプチ断食合宿などに参加してみるのがいいと思います。

プチ断食は自己流が一番危険です。ダイエットしたい気持ちはわかりますが、適度な運動も合わせるなど、片寄ったダイエット方法をしないようにしましょう。その方が確実に痩せていくと思いますよ。無理するより自然にということかもしれませんね。

05/05|プチ断食||TOP↑
ダイエットをしたいと思っている人にとってプチ断食をするだけで本当にダイエットすることが可能なのかということはとても気になるところだと思います。この断食という行為、昔は僧侶が精神鍛錬をするために行っていた修行のひとつです。ですから精神トレーニングをするためにも必要なものだということがわかると思います。

また、断食をすると免疫機能が高くなることが医学的にも解明されており、病気の予防や免疫に関する病気(花粉症やアトピー、風邪など)を予防し、体質改善をしていくことができるということです。

また、プチ断食というと簡単に出来るというようなイメージをもっている方も多いと思いますが、何事においてもやりすぎというのは危険です。正しい知識を持って取り組むようにしましょう。まず注意として、断食は二日以上続けてやらないようにすることです。理由としては二日以上断食をしてしまうと体脂肪をエネルギーにすることが体内で間に合わなくなるために、筋肉をエネルギーとして使ってしまうというわけです。

ダイエットをしようとすると、極端にやろうと思いがちですが、短期間に即体重が落ちるというダイエットはあまり意味がありません。プチ断食を行う方法というのは色々ありますが、たとえば合宿に参加してメニューやプログラムに沿って行うという方法もあります。これだと自分に合った方法で安全に管理された上で断食を行うことができるのでとても魅力的な方法だと思います。

プチ断食でダイエットは可能だとは思いますが、やりすぎや間違った方法で行うことは注意してください。また何か説明書か本など知識が書いてある本を一冊手元に置いておいたうえで行うのが安心だと思います。

05/05|プチ断食||TOP↑
プチ断食ということで、食事を体内に入れない、取らないということで内臓を休ませることが出来、内臓の負担を減らすことが出来ます。プチ断食をして毒素など有害な成分を体外に排出してデトックスが出来ます。また、食生活を改善するのにも効果があると言われています。

では、プチ断食とはいったいどういう風にすればいいのでしょうか?

ここでは一般的に知られているプチ断食の方法である3日間に分けて行うタイプの断食方法をご紹介します。

ここでは「前準備」「本番」「回復(ケア)」の3日間で行います。
普通に食べなければ大丈夫と思い込んで1日だけ断食をするとなるとリバウンドがきてより悪くなる可能性がありますので、ゆっくり日にちをかけてやるようにしましょう。

まずは、「前準備」の日です。この日は食事の量は変えなくてもいいですが、食べるものを消化がよいものに変えるようにしてみましょう。できるだけ胃に負担がかからないようにしましょう。

次は「本番」の日ですが、水とかの水分だけを取るようにして食べ物はとらないようにします。水だけだと空腹感を紛らわせるのが大変だという場合は、スポーツドリンク、野菜ジュースなど栄養分が含まれている飲み物を飲むようにすればいいと思います。

最後に「回復(ケア)」の日ですが、この日の朝・昼は消化のよい食べ物を食べるようにしましょう。そうすることで胃に負担もかからないと思います。また、食べる量も気をつけましょう。食べ過ぎるとリバウンドする可能性が高くなりますので注意しましょう。また、できることなら油物などは避けた方がいいと思います。

05/05|プチ断食||TOP↑
リンク
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム